奨学金・授業料免除

日本人学生向け奨学金

奨学金には日本学生支援機構奨学金と、地方公共団体や民間奨学団体の奨学金があります。それらは、いずれも人物、学業成績ともに優秀で、かつ健康であって学資の支弁が困難と認められる学生に貸与又は給与されるものです。

  1. 日本学生支援機構
  2. 地方公共団体及び民間奨学団体

これらの奨学金の応募資格その他については、募集の都度掲示(文系総合館1階)及びNu-mado.等により周知する。
また、いずれも応募は入学後になります。

外国人留学生向け奨学金

GSIDで募集がある奨学金は、主に以下の4つに分けることができます。

  1. ADB・日本奨学生プログラム(入学希望の前年度に応募すること)
  2. 学習奨励費
  3. その他民間団体による奨学金(大学推薦・直接応募)

2及び3(大学推薦)については、GSID内で選考するため、推薦された者のみが応募できます。

授業料の免除について

経済的理由などにより授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合又は特別な事情により授業料の納付が著しく困難であると認められる場合は、本人の申請に基づき選考の上、予算の範囲内で授業料の免除(全額免除又は半額免除)が許可されることがあります。

申請資格及び申請に関する手続き時期等の詳細についてはこちら

入学前に応募可能な奨学金

博士後期課程入学希望者向けに「名古屋大学融合フロンティアフェローシップ制度」が2021年4月に開始されました。